日商簿記用語集一覧

  • 手形の不渡り

    手形代金を支払うべき相手の経営状況が悪く支払期日に支払われない場合 がある。これを「手形の不渡り」という。この時、受取手形勘定を「不渡手形」と いう資産の勘定に振替ます。不渡りに伴って生じた諸費用は不渡手形に含め ます。 […]

  • 保証債務・補償債務費用・保証債務取崩益

    手形の裏書・割引を行なった場合、他者が債務の返済を出来なくなった時、 手形の裏書人・割引人が手形を所有している人に対し支払い義務を負うこと。 「保証債務費用」という費用の勘定と「保証債務」という負債の勘定を用いて 仕訳を […]

  • 手形の割引-評価勘定法・割引手形

    仕訳の貸方に受取手形ではなく、「割引手形」勘定を用いて仕訳する 方法。 例)30,000円の受取手形を銀行で割引、割引料2,000円を差引いた   残額を当座預金とした。 当座預金        28,000    手形 […]

  • 手形の割引-対照勘定法・割引義務見返・割引義務・手形売却損

    手形の割引 期日前に手形を銀行へ持込み、一定の手数料を引かれた額が 入金されること。 対照勘定法とは「割引義務見返」「割引義務」の勘定を用いて仕訳する方法。 割引料は、「手形売却損」という費用の勘定を用いて仕訳を行ないま […]

  • 手形の裏書-評価勘定法・裏書手形

    仕訳の貸方に受取手形ではなく、「裏書手形」勘定を用いて 仕訳する方法。 例)商品20,000円を仕入れ、代金としてA社から受取っていた   約束手形を裏書譲渡した。   仕入   20,000   裏書手形  20,00 […]

  • 手形の裏書-対照勘定法・裏書義務見返・裏書義務

    「裏書義務見返」「裏書義務」の勘定を用いて仕訳する方法。 例)商品20,000円を仕入れ、代金としてA社から受取っていた   約束手形を裏書譲渡した。 仕入        20,000    受取手形  20,000 裏 […]

  • 割賦販売

    分割で代金の支払いを受取る販売形態。 代金を数回に分割して受取る販売取引を、割賦販売取引という。 商品を顧客へ渡した際、全額部分を「割賦売上」という収益の 勘定項目を用いて仕訳を行ないます。 例)10,000円の商品の代 […]

  • 試用販売

    商品をお試しとして発送し、一定期間使用頂き、買取り意思が 示された時点で売上となる販売形態。 試用のために商品を送ることを「試送」といいます。このとき商品 を発送したことを表すのに「試用販売売掛金」勘定と「試用販売」 勘 […]

  • 予約販売

    将来、商品の引渡しやサービスの提供を行なう条件で予約金を受取る 販売形態。 予約の際に代金の一部を受取ったら、その分は「前受金」という負債の 勘定項目を用いて仕訳を行ないます。後日、販売を行なった際に「売上」 の仕訳を行 […]

  • 受託販売取引

    委託者から商品の販売依頼を受け、その商品を販売する取引形態。 受託者が、①委託者から商品を受取る⇒②商品を販売する⇒③回収 代金を委託者へ送金して取引が完了します。 ① 委託者から商品を受取る 受取った商品は販売を委託さ […]

  • 委託販売取引

    委託販売において受託者から売上報告を受けたときに認識 する販売収益のこと。 委託者は、受託者が商品を販売した際に、「積送品売上」と いう収益の勘定項目を用いて売上の仕訳を行ないます。 受託者が販売時に支払った費用を委託者 […]

  • 積送品

    委託販売のために、受託者に商品を発送することを商品を積送 するという。 このとき、送った商品を「積送品」勘定という資産の勘定項目を 用いて仕訳を行ない、発送運賃や荷造費用などの付随費用は 積送品の原価に含めて処理を行ない […]

  • 未着品売上

    特殊商品売買取引の一つ。貨物代表証券を転売したときに計上する 売上。 例えば、10,000円の貨物代表証券を11,000円で売上げた(掛売り) 場合、「未着品売上」という収益の勘定項目を用いて仕訳を行ないます。 売上げの […]

  • 未着品

    まだ商品は受取っていないが、船荷証券、貨物引換証など貨物代表 証券を受取っている場合に使用する勘定科目。 貨物代表証券を受取った時に簿記では「未着品」という資産の勘定を 用いて仕訳を行ないます。 例えば、貨物代表証券10 […]

  • 償却債権取立益

    過年度に貸倒れとなった債権のうち、当期回収出来た金額。 例)前期の売掛金10,000円が、前期のうちに貸倒れたとすると、 「貸倒損失」勘定を用いて費用処理を行ないます。 貸倒損失   10,000   売掛金   10, […]

  • 先入先出法

    先に受け入れたものから順番に払出したと仮定して、売上原価や 期末棚卸資産評価額を決定する方法。 価格上昇時には、期末在庫よりも当期支払高の方が低い単価と なるため、より費用が少なく計算される。

  • 総平均法

    1ヶ月,6ヶ月,1年など、一定期間毎に平均単価を求め、その平均単価を 用いて払出高や期末在庫評価を行なう方法。 先入先出法,後入先出法に比べて、価格変動による影響が少ない。

  • 期別後入先出法

    後入先出法の一つで、1が月,半年,1年など、一定期間における 最新仕入から順番に払出を行なったと仮定して商品有高帳に記載 する方法。 「期別後入先出法」で、1ヶ月単位で記載するものを「月別後入先 出法(月別法)」といいま […]

  • そのつど後入先出法

    後入先出法の一つで、受払する都度、払出単価を直前の新しい ものか順番に払出を行なったと仮定して商品有高帳に記載する 方法を、「そのつど後入先出法」といいます。

  • 後入先出法

    後から受け入れたものを先に払い出したとして、売上原価や棚卸 資産評価を行なう方法。 新しく仕入れたものから販売するとの仮定に基づいて商品有高帳 に記載すると、手元には古い商品が残ることになります。 「後入先出法」には、「 […]