現金過不足

決算を行う際、実際の残高と帳簿の残高とが一致しないとき、帳簿を実際残高に一時的に合わせます。この時、現金過不足勘定で処理をしておいて、原因が判明したら、その該当する科目に振り替え、不明ならば雑損で記帳します。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら