貸倒損失

取引先等の倒産などの理由により、受取手形や売掛金など売り上げ債権の回収が出来なかったことを「貸倒れ」といい、借り方に「貸倒損失」という費用の勘定で記帳します。           例えば、ABC商会で売掛金300万円が回収不能になったという場合、(貸倒損失)300万円 (売掛金)300万円と記入処理します。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら