経過勘定

保険料などの契約期間と現金収支のズレを調整する項目を経過勘定といいい、前払い保険料などがあげられます。諸費用のうち来期分まで含まれているものもあるので、決算に正しい数字を得るため、来期として当期の費用から除いて計上する必要があります。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら