s

日商簿記検定3級一覧

  • 固定資産の売却(減価償却累計額がある場合)

    固定資産の売却があったときは、入金額の大小によって、 固定資産売却益が発生したり、固定資産売却損が発生したりします。 ------------------------------------                […]

  • 期中取得の固定資産の減価償却

    実務上は、一年の途中で固定資産を取得する事が、 時々起こるので、そのような場合には、月数を基準に計算するんだ、 ということを、知っておきましょう。 ------------------------------------ […]

  • 減価償却の考え方

    減価償却費とは、有形固定資産の使用や時の経過による、価値の目減り額 のことです。 ------------------------------------                               le […]

  • 貸倒れの処理

    取引先への売掛金や貸付金が回収できなくなった場合、損失となります。 そうなったときの会計処理を勉強します。 ------------------------------------                     […]

  • 貸倒引当金の戻し入れ(前年度の設定が多い場合の2年度目以降)

    前年度に売掛金が計上され、貸倒引当金を設定しましたが、 一年後の売掛金が、減少したとします。  この場合、前期末の売掛金をベースに設定した貸倒引当金が過大になってしまったとします。 したがって貸倒引当金を修正する必要が出 […]

  • 貸倒れの見積もり(2年度目以降)

    前期から繰越した貸倒引当金の額との差額を補充するようにして、 決算で調整する処理方法を、「差額補充法」といいます ------------------------------------                  […]

  • 貸倒れの見積もり

     そこで、期末時点での、会社が保有している売掛金残高が1000万円あるとします。 この1000万円、翌期に、全額回収できる保証がないことは、もうわかりました。 そこで、期末の決算手続で、いまある売掛金・受取手形のうち、 […]

  • 貸倒れの処理(最も簡単なパターン)

    会社は、受取手形や売掛金のかたちで、金銭債権(要は、お金をもらう権利)を、 持っています。 しかし常にそういった債権が回収できるとは限りません。 このような回収不能の状態を、「貸倒れ」などといったりします。 したがってこ […]

  • 未収収益の翌期における再振替仕訳 

    前期末に、借方残高として、未収利息勘定に金額が残っています。 これを踏まえて、翌期首(前期末の翌日ですね)に、反対の仕訳を 行い、未収利息を消します。 ---------------------------------- […]

  • 未収収益

    「継続して役務の提供を提供する契約で、期末時点において、すでに 役務の提供をした部分につき、未収で収益を計上するべき項目」 ------------------------------------             […]

  • 前受収益の、翌期における再振替

    前期末に、前受家賃を「貸方に」計上したことを前提として、 翌期の機種に、その前受家賃を取り消し、その期の受取家賃(収益)として、 計上する仕訳を行います。 -------------------------------- […]

  • 前受収益の期末処理

    当期中に受け取った、翌期分のサービス提供に 係る収益は、「前受収益」として、処理します。 ------------------------------------                              […]

  • 未払費用の、翌期首の処理

    未払利息を、 翌期首に再振替する処理について、学習します。 ------------------------------------                               lesson.051    […]

  • 費用の未払い

    決算の手続で、 契約中のサービス(ここでは借り入れ)について、未払いの 費用があったら、自発的に当期分を費用として、計上します。 ------------------------------------          […]

  • 前払保険料の、翌期首の処理

    翌期首に行う経過勘定の調整仕訳を、「再振替仕訳」と いいます。 ------------------------------------                               lesson.049 […]

  • 保険料の前払い

    保険期間の途中で決算を迎えたとします。 そのときに前払いしていた保険料勘定を 前払保険料として仕訳します ------------------------------------                      […]

  • 期首の商品在庫を仕入勘定に振り替える決算処理

    次の年度の期末決算手続で、期首の在庫分を、 「繰越商品」勘定から、「仕入」勘定に振り替える ------------------------------------                             […]

  • 期末の商品在庫の決算処理

    売れ残った在庫があったら、その額を「仕入」勘定(費用勘定)から 控除し、「繰越商品」勘定(資産)に振り替えます。 ------------------------------------                  […]

  • 消耗品の処理(方法その2)

    期末の決算手続で、使わなかった分を、「消耗品」勘定に振り替える。 ------------------------------------                               lesson.045 […]

  • 消耗品の処理(方法その1)

    期末(決算)になって、どれだけ使ったかをチェックし、使用した分 だけ、 「消耗品」勘定を貸方に記帳して減額させ、借方には「消耗品費」勘定 を記帳します。 --------------------------------- […]