トレンドマイクロ、円安などで純利益3%の減少

ウィルス対策ソフト大手のトレンドマイクロ社が12日に2015年度第2四半期(1月~6月)の決算発表をしました。

https://app.trendmicro.co.jp/global/rfcommon/files/2015-q2-tanshin-j-final-20150812.pdf

それによると、当期純利益が前年同期比で3.0%減少の10,444百万円(約104億円)となりました。

売上高以下の6か月累計は次の通りです。

2015年1~6月累計(百万円)
売上高**60,668(前期比+9.7%)
営業利益*15,494(前期比△3.5%)
経常利益*16,571(前期比△5.0%)
当期純利益10,444(前期比△3.0%)

2014年1~6月累計(百万円)
売上高**55,325
営業利益*16,056
経常利益*17,435
当期純利益10,764

こうしてみると、売上高は前期比で9.7%も増えているのに、営業利益以下は軒並み減少しています。

その主な理由として、円安の影響があるということです。

具体的には、海外拠点の人件費などを円換算した金額が膨らんでしまった結果、費用負担の増加にともない、営業利益以下が減少することになってしまったようですね。

具体的な計算例でみていきましょう。

(計算例1)
8月分の海外拠点の給料20万ドルを現金で支払った。この日の為替レートは1ドル120円だった。

(借方) 給料 2400万円 / (貸方) 現金 2400万円

※2400万円=20万ドル×120円

もしも、その後、急激に円安となって、1ドル125円になってしまったとしましょう。

(計算例2)
9月分の海外拠点の給料20万ドルを現金で支払った。この日の為替レートは1ドル125円だった。

(借方) 給料 2500万円 / (貸方) 現金 2500万円

※2500万円=20万ドル×125円

いかがでしょうか。

為替レートが5円ほど円安に振れたことにより、同じ20万ドルの経費(ここでは給料)の円建てによる計上額が100万円も増えてしまいました。

同じ経営努力でも、為替レートの変動によって、大きく業績に影響を及ぼすことがわかりますね。

円安は、収益を増やす一方で、費用も増やすので、それらの相対的な関係によっては、費用の増加負担が大きくて業績を下げることもあるわけです。

そんな現象をあらわす事例として、今回のトレンドマイクロの決算発表は参考になると思いますよ。

(日経15*8*13*15)

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック