増資(新株発行)・払込期日・別段預金・株式申込証拠金

会社設立後に株式を発行することを「増資」または「新株発行」といい
増資の際の払込の期日のことを「払込期日」といいます。
払込期日までに払い込まれた金額は、「株式申込証拠金」という資本
の勘定科目を用いて仕訳を行ないますが、この時点で、会社は払い込
まれた金額を自由に使うことが出来ないため、「別段預金」という資産
の勘定科目を用いて処理を行ないます。
その後、払込期日の翌日、「株式申込証拠金」から「資本金」へ振替を
行ないます。
 例)新株100株を1株10,000円で発行するにあたり、払込期日までに
    1,000,000円の払込みがあった。
      別段預金  1,000,000    株式申込証拠金 1,000,000
   払込期日の翌日、全額を資本金とした。
   株式払込証拠金  1,000,000     資本金    1,000,000
     当座預金     1,000,000    別段預金   1,000,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック