株式払込剰余金

発行株価の全額を資本金にするのではなく、発行株価の2分の1
までの金額を「株式払込余剰金」という資本の勘定科目を用いて
仕訳を行ないます。
原則、新株発行における払込全額が資本金となるが、払込み時
に資本金を慎重に設定出来るよう、2分の1までを資本金にしない
ことが認められており、これが株式払込剰余金である。
例)株式会社の設立時に株式を1株5,000円で100株発行し、
  出資者から500,000円を出資してもらい当座預金に預け
  入れ、そのうちの2分の1を株式払込剰余金とした。
     当座預金  500,000    資本金      250,000
                    株式払込剰余金  250,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら