主婦が2級講座から柴山式学習を続けて見事1級合格!第157回日商簿記検定1級合格体験記(Y.K.様)

主婦が2級講座から柴山式学習を続けて
見事1級合格!

2021年2月実施の第157回日商簿記検定1級に見事合格された
Y.K.様より、合格体験記をいただきましたのでご紹介します。





日商簿記検定1級合格体験記 Y.K.様/ 主婦

【合格年度】第157回
【点数】72点
 点数の内訳(商簿18点/会計16点/工簿19点/原計19点)
【勉強期間】24か月
【1日平均】平均2時間くらい

柴山式1級講座をどのようにして知りましたか?

2級講座から引き続きお世話になりました。

簿記1級を取得しようと思ったきっかけ(またはニーズ)はなんでしたか?

子育て中であり、これから何か出来ないかと思い、始めました。

柴山式1級講座を受講しようと思った決め手となる理由はなんでしたか?

学習時間の短さと家計に優しいところです。

柴山式1級講座を受講してみて、いかがでしたか?

インプット時間が短く、演習時間を多くとれました。

①ミニ例題を何度も解きました。直前期も確認のため解いていました。
理解の足りない論点は市販の問題集を併せて解き、間違えノートを作りました。
復習に役立ちました。

②商会
ミニ例題を正しく速くどう解いていくかを意識しました。

工原
言葉の意味を正確に理解し、問題を解くことに注意しました。
基礎問題でも初見では何が問われているのか分からなかったからです。

③一通りこなした後、不合格になってしまい、それからどう進めていけば良いか分からなくなってしまいました。ひたすら苦手論点をつぶしていきました。

④どんなにスランプだと感じても、毎日欠かさず問題を解くことです。

⑤学習時間を短くするために、尽くされたテキストと解説です。

商会はミニ例題の解答速度を上げれば、必ず点数を獲得することが出来ます。
工原は何を問われているか分からない場合がありました。

ただ、よく見ると、ミニ例題の基本的な知識で解ける問題が多くあります。
あとは問題文を正しく読める様、キーワードを理解する様にしました。

また、商工通じてキーワードの理解はすると良い方法を教えられました。
直前期ではミニ例題で分からなかった論点がないか、確認するのに最適でした。

⑥税理士試験に向けて進めていきたいと思います。
⑦合格点数を取るための必要な論点が全て詰まっています。

当日緊張してしまい、ケアレスミスを多くしてしまいますが、ミニ例題をこなすことによって、1つでも多くの問題を正答できる力がつきました。

続けている限り、失敗ではありません。あきらめず、これからもお互い頑張りましょう!

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら