8月は、生活パターンの乱れに注意しよう!

明日から8月です。
今年の夏は非常に気温が高いので、夏バテなどで体調を崩さないように今から準備をしておきたいものです。

こういうときにダラダラとして生活のリズムが乱れると体調を崩しやすいですし、ボーッとしやすいです。

集中力が落ちてパフォーマンスも下がりやすいです。
日中はとても暑いので、日中の過ごし方が大事になります。

8月の夏はダメージを受けやすいので、生活のリズムを維持しながら、最低限の生活パターンを守りながら8月を乗り切ることが大事です。

そこで8月の生活リズムの維持ということで、私も気をつけてみたいことをいくつか挙げてみました。

まず、朝は起きる時間を同じにします。
夜は寝る時間はバラバラになると思いますが、睡眠時間が少々短くなっても起きる時間は変えないようにします。

起きる時間を同じにすると、若干眠いと思っても、そのほうが夜に早く寝ることができます。

前の日に寝るのが遅くなって、次の日も遅くて睡眠時間が同じだと夜どんどん遅くなります。

起きる時間を同じにするのが生活リズムの維持には大事だと思っています。
あまり起きる時間を遅くしないでください。

昼間はつらいかもしれませんが、その日の夜に早く寝ることができます。
なし崩し的にどんどん遅くなるのがまずいと思います。

寝るときは寝付けないこともありますが、起きる時間は少々眠くても無理して起きることができるので、起きるほうがコントロールできると思っています。

次に水分補給で脱水症状対策をすることです。
今年は暑いので、熱中症などで急激に体調が悪くなると仕事にも勉強にも影響を及ぼします。

水分補給はまめにしましょう。
それから、冷たいものは内臓を冷やして体に負担がかかるので、できれば常温の飲みものにしましょう。

ジュースも冷たいと胃腸に負担をかけて体力を消耗させるとのことなので、ぬるめのものにしてください。

そして最後に、涼しい時間に適度に運動をしてください。
夕方や夕食後に近所を歩いたり、適度な運動は大事だと思います。

1日中クーラーの効いた部屋にいると体調的にキツいと思いますので、適度に体を動かすことも必要かと思っています。

8月はお盆休みがあるので生活リズムが崩れやすいです。
このようにして暑い季節を乗り切ってください。

私はいつもあなたの成功・スキルアップを心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック