s

年末年始の学習計画を立てよう!

今回の「頑張ろう日商簿記1級合格」は、2017年の年末から年始にかけての勉強時間を考えてみたいと思います。

12月23日から考えると、31日まで9日間あります。
1月は7日までがお正月だとして、7日間あります。
合計16日あるので、この16日を1日平均3時間勉強したならば48時間勉強できます。

この期間には出勤日などもあると思いますがケースバイケースですが、やろうと思えば概ね50時間程度は勉強時間が確保できるということを知っておきましょう。

年末年始に50時間やるとするならば結構なことができます。
柴山式ならば簿記1級の商業簿記・会計学と工業簿記・会計学の講義を全範囲見ることができます。

そうは言っても、1回見ただけでは心許ないという方はどちらかの科目だけに絞って学習するという方法もあります。

あるいは例題をする場合でも、商業簿記は1問10分ぐらいでできるので頑張れば1時間で5つできます。

3時間だと15問できます。
48時間あれば例題はどちらかの科目はすべて回せます。

この時期は基礎力が大事なので、授業を見るか、授業の復習をするか、例題を全範囲1回転してみるといった方法がお勧めです。

年末年始は勉強の絶好のチャンスだと思ってください。
お正月は色々なイベントがあって忙しいとは思いますが、その合間に1日2・3時間でも勉強時間を捻出してみてください。

この年末年始こそ集中学習のチャンスだと思って、気を引き締めてやってみることが大事です。

人が遊んでいるときに努力するというのは大事です。
年末年始は気を引き締めて頑張ってみてください。

私はいつもあなたの日商簿記検定1級合格を心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック