先入先出法

先に受け入れたものから順番に払出したと仮定して、売上原価や
期末棚卸資産評価額を決定する方法。
価格上昇時には、期末在庫よりも当期支払高の方が低い単価と
なるため、より費用が少なく計算される。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら