東芝に、会計不祥事をめぐり課徴金70億円超

11月18日の日経一面では、証券取引等監視委員会が東芝に対し、行政処分として、月内にも課徴金を課すよう金融庁に勧告する方向で最終調整に入った、と報じています。

4月3日に東芝が不適切会計を公表してから、半年以上がたち、東芝の責任問題があらたなステージに進んだことを示していますね。

課徴金70億円超は、過去最高額となる見通しです。

これまでの大きな事例としては、つぎのようなものがあります。

・IHI・・・16億円
・JVC・ケンウッド・ホールディングス(当時)・・・8.4億円
・リソー教育・・・4億円
・オリンパス・・・0.2億円(このほか罰金7億円)

これらと比べても、東芝の案件の大きさがわかりますね。

なお、同社の決算に適正意見として、監査証明をしていた監査法人の責任は、会社への責任追及に比べてあまり表に出ませんが、次のような報道もなされています。

「<東芝監査法人処分へ>別の不祥事でも不備 金融庁指摘」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151119-00000120-mai-bus_all

毎日新聞です。

東芝の不正経理問題で、金融庁が担当監査人の新日本有限責任監査法人に対して、公認会計士法に基づく行政処分の検討に入ったそうです。

新日本は、利益の水増しが判明した2009年3月期以降の東芝の決算についてすべて「適正」と認定していました。

金融当局からは、企業の内部事情に最も通じた監査人として、より適切な対応をすべきだった、と指摘されています。
これに関して、私の見解をひとこと。

かつて監査現場にいた者のひとりとして思うことですが、公認会計士として必要な資質である3つのうち2つ、とくに最後の1つについて、必ずしも十分ではないと考えています。(1番目があるのは当たり前として)

(1)専門知識(会計・監査)・・・あるはずです。(なきゃまずい)
(2)その業界のビジネス知識・・・経験上、不安なケース若干あり。
(3)監査人としての哲学と人間力・・・一番難しく教育不足??

つまり、現場で「これ、やばいかも・・・」と思ったときに、各監査人の危機意識が十分にあるか、それに対して単独でも立ち向かう人間力・勇気があるか、じつはこの部分に切り込んでいる報道記事や解説がなかなか見当たらない。

じつは、監査技術とかそういう問題だけではないのですよ、こういったことは。

今回の案件が、ほんとうに「やるべき監査をして発見できなかった」という話なら、またべつですが、もしも、うすうす気づいた、などということがあるならば、ほんとうに切り込むべきは「監査人としての意識・行動力が欠如していなかったかどうか」という倫理のレベルがどうだったか、という話でしょう。

周りを敵に回してでも、怪しいと思ったことを毅然と言い切る勇気をもった監査人を育てられるかどうか、あるいはそういった人物に監査人になってもらう方法を考えるか、そういった議論は「監査技術」「会計知識」以前の問題なのです。

会計の専門家である公認会計士のチェックを経て「適正」と認定された決算書で大掛かりな不備や不正が露見すると、やはり世間からの株式市場に対する信頼が根本から揺らぎかねません。

「会社の決算が信用できなくて、株式投資ができるか!」と言う話になるからです。

こうしたことを踏まえて、監査人の人的な資質が、今後は技術的・専門的な資質以上に問われる時代が本格的にやってくるのかもしれません。

(日経15*11*18*1)

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック