メンタル・ブロックを打ち破れ!【頑張ろう!日商簿記1級合格】

今回は自分が無意識のうちに設定している心の壁を打ち破りましょうという発想を変える話です。

私たちは今まで色々な経験を踏んできて失敗などもしています。
あとは、人からの評価を気にする側面もあるので防衛本能が働くのです。

そういったところから変化を恐れるという気持ちもあるのです。
そのあたりから、「どうせこれはできないだろうな」というふうに諦める準備をしてしまいがちです。

そういう精神的な習慣があるのですが、それを打ち破ることによって自分が想像もしなかった世界が開けることもあります。

思いもかけない自分の能力や可能性に気づくこともあるので、そういった能力に目覚めてほしいと思っています。

この動画でも度々登場する前村さんですが、彼はすごい大きな成功事例のひとつなのです。
昔、前村さんが20代半ばのときに日商簿記検定1級の講座を柴山式で受けたのが7月ですが、そこから4か月後の11月に簿記1級に合格しました。

彼に対する電話コーチングは7月か8月の頭ぐらいから始めたのですが、最初のコーチングのときの話を今でも覚えています。

目標は来年6月の試験に合格と言っていたのですが、聞いたら勉強する時間が結構あったのです。

1日4時間はできると言っていたので、4か月で480時間できるのです。
500時間まであと少しなので、プラスアルファであともう少し頑張れると思いました。

ですから、1日4時間勉強できるなら思い切って予定を前倒しして今年の11月に受かるつもりでやるように言いました。

それで落ちたとしても力は付いているので、来年の6月の試験が楽になるとも言いました。
最初から6月を目標にするとギアを緩めてしまうので、4か月後には20点ぐらいの点数しかいかないのです。

しかし、1回ギアを上げておけばほぼ合格レベルに近づくのです。
最初から手を抜くのとどちらが良いか聞いたら、ダメでも1回仕上げておきたいとのことでした。

このようにしてメンタルブロックを打ち破ったことによって、彼は本当に11月に合格したのです。
本人も驚いたのです。

あとで聞いたことですが、昔簿記1級や会計士を目指しかけたのですがダメだったので、挫折感があったらしいです。

しかし、リベンジのつもりでやったら成功したのです。
これは電話コーチングが本当に機能したケースです。

その後、彼は公認会計士試験に合格して監査法人に勤めています。
5年前6年前には想像だにしなかった世界が開けています。

完全にメンタルブロックを打ち破ったケースです。
同様のことを会社の社長さんにも経験してもらっています。

例えば年商2億ぐらいだった会社が1年で25パーセントぐらいアップしたこともあります。
メンタルブロックをサポートするのがコーチングなのです。

あなたの中にもメンタルブロックがありますが、それを外すだけで早く予想外の結果が出ることもあります。

ぜひ、メンタルブロックを打ち破ってください。
日商簿記検定の合格だけではなく、仕事や人生の目標の達成の可能性が高まります。
自分の壁をぶち壊して、先に進みましょう。

リスクをある程度負うことも大事ですが、致命傷を負わない程度に管理するのがリスクコントロールです。

リスクコントロールをしながらチャレンジしましょう。
頑張ってください。

私はいつもあなたの日商簿記検定1級合格を心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック