11月18日 第150回日商簿記検定1級までの勉強ペースについて

11月18日に第150回の日商簿記検定1級があります。
5月1日から本番までの日数を数えてみると、5月が31日、6月が30日、7月が31日、8月が31日、9月が30日、10月が31日、11月は試験前日までが17日あります。

合計で28週間と5日(201日)あります。
1日2時間半のペースで勉強すると502.5時間勉強できます。

柴山会計ラーニングでは500時間の勉強時間をお勧めしています。
1日2時間半なので、無理はないと思っています。

土曜日や時間のあるときに3・4時間やれば日曜日はお休みしても大丈夫ですので、上手くメリハリをつけてやってください。

これは不可能ではない勉強ペースです。
本気で合格したいという方は3時間までは半年ぐらいとれます。

2時間半なので若干余裕があります。
仕事やプライベートの合間に2時間半の勉強時間を確保してください。

簿記1級というのは専門的な資格です。
日商簿記検定1級を持っているということは専門家の入口に立ったということです。

専門的な知識があると世間的には評価されますので、この機会に一念発起してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

簿記1級の知識があると日経新聞の記事に出るような高度は決算発表の用語も身に付きますので、11月18日の第150回を目指してみてください。

私はいつもあなたの日商簿記検定1級の合格を心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック