s

がんばろう!日商簿記1級!!第36回「だから、彼らは受からない…~魔法の問題はあるか?~」

1級レベルの合格率が低い試験にもなると、
合格する方には、それぞれ自分のやり方にあった
合格までの学習スタイルをさまざまな形で
作り上げていくものです。
しかし、受験生時代の20年以上前からずっと
簿記学習者を見ていると、
ふしぎと「合格できない人」の思考パターンと
行動パターンは、きまっていたりして、
いくつかに限定できるのですね。
そんな、「いつまでも合格できない彼ら」、
すなわち不合格グループの仲間に引き込まれないよう、
合格者の思考パターンと、そこから
抜け出すための注意点を、私の経験に基づく意見として、
お話ししてみたいと思います。
今回は、昔から簿記会計系の受験業界でいわれている
「過去問は効果的か?予想問題だけをやればいいのか?」
という問題があります。
ときどきいわれるのが、「過去に出た問題って、二度と
出ないから、やらなくてもいいのでしょうか?」と
いう質問です。
お気持ちはわかります。
実際にそのように指導されているところもありますし、
それで合格している方もいないわけではないです。
しかし、「天才」「秀才」でない普通の能力で、
効率よく合格したいと考えるならば、
過去問は、使い方を間違えなければ、超強力な武器です。
これを用いないのは、非常にもったいないです。
「賢者は歴史に学ぶ」
「歴史は繰り返す」の意味も含め、
柴山なりの考え方を、ぜひ知っていただけたら幸いです。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック