がんばろう!日商簿記1級!!第11回「100点の成功体験を積み重ねよう!」

今日のテーマは、
「100点の成功体験を積み重ねよう!」
です。
1級の内容は、3級・2級と比べて非常に難しい印象を受けます。
そうすると、「できないからやりたくないなあ…」と、だんだん
ヤル気が失われて行ってしまう危険がありますね。
いくら勉強してもわからない、と思ってしまうと
よほどの忍耐力がなければ、続けられないのが人情というものです。
そこで、柴山の教室での指導経験、自らの学習体験から得た
ひとつの「とっても大事なモチベーション維持法」を
アドバイスさせていただきます。
要は、「100点がとれる論点まで立ち戻ればよい」のです。
このことを、日商簿記1級の商簿会計でも頻出論点である
減価償却という手続を例に、ご説明させていただきました。
すべての1級の論点は、「ローマの道」ではありませんが、
かならず2級あるいは3級の基礎知識につながっています。
つまり、「3級、2級の関連する土台知識があやふや」であるために
1級の例題でつまづくケースがとても多いのですね。
「100点をとり続けられれば、人は学習を続けられる」
これが、公認会計士受験生時代からの20年以上の
体験から得た圧倒的に重要なモチベーション維持の法則なのですね。
ぜひぜひ、柴山の動画をご視聴いただき、
ふつふつとヤル気をみなぎらせてくださいませ!!
よろしくお願いいたします!!!!

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら