標準原価計算・標準原価・実際原価・原価差異

あらかじめ直接材料費・直接労務費・直接経費・製造間接費について
目標となる原価を設定しておき、目標となる原価と物量標準を乗じた
「標準原価」と実際価格と実際消費量を乗じた「実際原価」を求めます。
標準原価と実際原価の差異が「原価差異」であり原価差異から、材料
が無駄に使われたのか、作業効率が悪かったのか等の原因を明らか
にして今後の製造改善に役立てます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック