減資(減資差益)

資本金を減少させることを「減資」という。
例えば、損失処理で、任意積立金などを取り崩して損失の補填を行ない
ますが、補填しきれない程の多額の損失が発生している場合、資本金を
減少させて、損失の穴埋めを行ないます。
例)資本金総額が2,000,000円、発行株式数1000株、未処理損失
   600,000円を減資で損失補填を行ないました。株式は2株を1株
  に併合した。
  2,000,000円×(減少する株式数:500株)/(発行株式数:1000株)
     =減少する資本金1,000,000円
  資本金を1,000,000円減少すると、未処理損失は600,000円なので、
  400,000円分資本を減らし過ぎることになるので、「減資差益」という
  資本の勘定項目を用いて資本として戻す仕訳を行ないます。
   資本金 1,000,000  未処理損失  600,000
                    減資差益   400,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら