自己宛為替手形

自社が相手先に対して代金(買掛金)の支払いをするのに自己を名宛人として、相手先に為替手形を振り出すことをいいます。自社が遠隔地に支店をもっており、代金は本社が一括して支払う場合、取立手数料が発生して無駄な経費がかかります。自己宛為替手形ならば、遠隔地で買い付けても振り出し人と名宛人は同一者なので、手数料もなく全国展開している会社でも相手先に対して明確な日付を示すことが出来ます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら