設立後の増資(簡単な記帳法)

設立後の増資(簡単な記帳法)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               lesson.18
  ★ 5分で完結!中学生でもわかる簿記入門 ★(読者2203人)
                               2005.10.12
   関連HP  http://bokikaikei.net/          [毎週 水曜日] ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ※ 図が見にくい方は、「等幅フォント」でご覧下さい。\_(・ω・)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<仕訳60> 設立後の増資(簡単な記帳法)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===================================
 ※《増資》とは …
   会社設立後、設備の拡張などのために、追加で新たに株式を発行して、
   株主を募集し、応募者から出資してもらうこと。
===================================
●例:新たに株式を発行し、A万円の払い込みを当座預金に受けた。
 1.<原則> … 発行価額の全額を、資本金とする。
  (借)当 座 預 金(+) A (貸)資  本  金(+) A
 2.<容認> … 発行価額の2分の1を資本金とし、残額は剰余金とする。
  (借)当 座 預 金(+) A (貸)資  本  金(+)1/2A
                      株式払込剰余金(+)1/2A
   ※「株式払込剰余金」は、「資本準備金」で仕訳されることもある。
【練習】:::::::::::::::::::::::::::::::
  会社は、新たに100株の株式を発行し、全額を当座預金に預け入れた。
 発行価額は1株5万円であり、商法規定の最低額を、資本金に組み入れる。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
【答え】単位:万円
 (借)当 座 預 金  500 (貸)資  本  金  250
                    株式払込剰余金  250
  ※ 資本金組み入れ額250万円 = 5万円 × 1/2 × 100株
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら