目標を設定するときは、具体的な行動と時間配分を意識しよう!

今回の「前を向いて歩こう」は、目標設定に関するちょっとしたコツをお話したいと思います。

 

以前、コーチングに関するテーマで「目標のSMART原則」という5つの要素についてご紹介したことがあります。

おさらいをしますと、SMARTはそれぞれ

SSpecific(具体的であること)

MMeasurable(測定可能であること)

AAchievable(達成可能であること)

RResults Best(組織全体の目的に合致していること)

TTime Oriented1.時間配分が適切であること 2.期限が決められていること)

という意味です。

 

今回はこのうちの“S”と“T”について注目します。

T”の中でも、今回は時間配分のほうを強調しておきたいと思います。

 

目標を設定する時にはなんとなく「幸せになる」「売上を増やす」「お客さんの満足度を高める」と言うことがありますが、抽象的で行動にフォーカスしていません。

 

これは勉強でも同じで、例えば「国語の力をアップする」「連結決算についての理解を深める」「工業簿記の勘定連絡について理解を深める」など、抽象的で何をして良いのかが分かりません。

 

「そのために何をするのか」というもう1つの目的が必要になるので、状態の目標ではなくて行動目標を立てます。

 

例えば「第5問から第10問までの6個の問題を解く」というように具体的に目標を立てます。

 

6個の問題を解いたかどうかで測定が可能です。

Specific”であるということは“Measurable”であることも多いです。

 

数字を伴って具体的な行動について決めれば良いです。

そして、それを決めたら「いつまでにやる」ということを決めます。

 

例えば問題6から問題10までの5つの問題を解く時、1年掛けて解くのであれば目標になりません。

 

そこで「明日の午後7時までに解く」というように、できれば時間まで決めればベストです。

 

時間が決まらなくても日にちだけは決めておきますが、本当はやる時間帯まで決めたいです。

 

「明日の何時から何時までやる」というように時間配分を決めます。

これがスケジューリングというものです。

 

「いつまでに」という期限も大事ですが、「いつやる」ということも大事です。

やる時間をアサインしてしまいます。

 

ですから、「第6問から第10問までを明日の6時から7時の1時間でこなす」というように、時間配分まで決めておくと、それ以外の時間に有効な活動を入れることができます。

時間を見積もるというのは大事なことです。

 

最初はなかなか上手くいかないのですが、徐々に精度が高まってきて、時間の見積りが3か月後や6か月後の先までできるようになるととても楽です。

 

そこまで先ではなくても、せめて1か月後ぐらいまでの時間配分ができると良いです。

仕事の持ち時間というのは、1か月で160時間(18時間×20日)です。

 

160時間のうち、このプロジェクトは15時間、このプロジェクトは8時間」というように、人員配置や時間の見積りができると、あなたの仕事の精度がどんどん上がります。

ぜひ参考になさってください。

 

目標の設定には具体的な行動を挙げることと、時間配分を考えることが大切です。

これによって、あなたの将来の仕事の忙しさがかなり緩和される可能性大です。

 

勉強も効率的になります。

ぜひ試してみてください。

 

私はいつもあなたの成功・スキルアップを心から応援しております。

ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック