第145回日商簿記2級の時間配分をおさらいする!

今回の「頑張ろう日商簿記2級合格」は、第145回日商簿記検定2級の時間配分についてお話をしたいと思います。

 

ここ数回の簿記2級は合格率が低めで、少し難しめなので、より慎重に対策を練っておきたいです。

11つのテーマの基本的なところをきちんと勉強します。

基本的なところがしっかりできれば本来は受かるはずです。

あとはイージーミスをしないことと、慌てないことです。

 

最近の傾向からいって、第二問が難しいので、第二問は後回しにするという戦略をとると良いです。

 

なぜかというと、12345という問題の番号順に解いてしまうと第二問が最初の方に来てしまいます。

 

第二問で時間が掛かって上手く解けないと、せっかく力があるのにここで意気消沈してモチベーションがさがってしまい、第三問、第四問、第五問で得点できるはずのところを落としてしまって不合格になってしまうというケースもあります。

 

ですから、第二問は最後の余った時間でやります。

第二問以外の問題を先に終わらせて、最後に第二問を解いた方が精神衛生上も良いですし、戦略上も効率的です。

 

まず、解く順番を決めて、時間配分を決めます。

このようなご提案をしてみたいと思います。

 

本試験までまだ時間があるので、3回ぐらい過去問や総合問題を使って本番形式で練習してみてください。

 

順番ですが、まず第一問の仕訳を解いて、次に第四問と第五問の工業簿記を解きます。

特に第四問と第五問は満点(20点+20点=40点)を狙いにいきます。

 

第一問は満点は難しいかもしれませんが、可能であれば16点、難しくても12点ぐらいは取りたいです。

 

第一問は12点~16点、第四問・第五問は2つ合わせて32点か36点、可能であれば満点を取りたいです。

 

標準的な難易度ならば工業簿記は満点を狙うことも可能です。

第一問・第四問・第五問で点数を稼いだら、第三問の総合問題を解きます。

 

第三問が最も時間が掛かります。

第三問を45分でやって、最後の余った時間で第二問を終わりまで頑張ってください。

 

あるいは、たまに第二問が易しい回がありますが、その時でも最初に解かないで第一問・第四問・第五問が終わった後に第二問を解いて、最後に第三問を持ってくるというやり方もあります。

 

次に時間配分を決めましょう。

第一問が15分、第四問・第五問がそれぞれ15分で解きます。

前半は45分で終わらせます。

 

残り75分のうち、第三問は45分で解いて、第二問は25分ぐらいで解いて、最後に5分余ったらその時間で見直しをします。

こういった時間配分を考えてみてください。

 

第二問が一番難しいケースが最近多いので、第二問を最後に持っていきます。

とにかく第一問→第四問→第五問という順番は決めておきます。

 

この時間配分と順番を試して練習してください。

そうすると、本番で効率良く得点がしやすいと思います。

参考になさってください。

 

私はいつもあなたの日商簿記検定2級の合格、そして簿記学習のスキルアップ・レベルアップを心から応援しております。

ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック