直接材料費から生じた差異・材料消費価格差異・材料消費量差異

標準単価と実際単価の差から生じた差異が「材料消費価格差異」、
標準消費量と実際消費量の差から生じた差異が「材料消費量差異」です。
例) 以下の場合の直接材料費の材料消費価格差異・材料消費量差異を
   求めなさい。
   標準単価 100円  当月投入の標準消費量 100kg
   実際単価 110円  当月投入の実際消費量 120kg
   材料消費価格差異: (100円-110円)×120kg = ▲1200円(不利差異)
   材料消費数量差異:  100円×(100kg-120kg)= ▲2000円(不利差異)
   

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック