後入先出法

後から受け入れたものを先に払い出したとして、売上原価や棚卸
資産評価を行なう方法。
新しく仕入れたものから販売するとの仮定に基づいて商品有高帳
に記載すると、手元には古い商品が残ることになります。
「後入先出法」には、「そのつど後入先出法」と「期別後入先出法」
があります。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック