商品評価損・低価法

期末において商品の価値が下がった場合に計上する、商品の評価損失。
1個10円で取得した商品の価格が市場で8円に下がった場合など、商品の
価値が下がった分を「商品評価損」という費用勘定で仕訳します。
商品評価損は、期末時価を使って算出します。
商品評価損分だけ商品価値が下がったのですから、その分の繰越在庫を
減少させます。
時価を用いて商品評価損を求める方法を「低価法」といいます。
例)
商品評価損   500    繰越商品  500

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック