債券の購入と端数利息


 『債券』を期中に売却すると、売買代金(A円)のほかに、前回の利払い日
の翌日から、売却日までの日数に応じた‘端数利息’を、買主から受け取るこ
とができる(C円)、のでしたね!今回は買主側の仕訳を勉強する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               lesson.13
  ★ 5分で完結!中学生でもわかる簿記入門 ★(読者2285人)
                               2005.09.07
   関連HP  http://bokikaikei.net/          [毎週 水曜日]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ※ 図が見にくい方は、「等幅フォント」でご覧下さい。\_(・ω・)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<仕訳42> 債券の購入と端数利息               ★★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まずは、前回<仕訳41> の復習です。
———————————————————————-
 『債券』を期中に売却すると、売買代金(A円)のほかに、前回の利払い日
の翌日から、売却日までの日数に応じた‘端数利息’を、買主から受け取るこ
とができる(C円)、のでしたね!
  (借)現金など  A+C (貸)売買目的有価証券  B
                  有価証券売却益 A-B
                  有価証券利息    C
———————————————————————-
★ 今回は、上記の取引を、【買主側】はどう仕訳するか、を考えていきます。
 ・まずは、有価証券の購入として、
  借方に「売買目的有価証券」勘定を、購入代金A円で記入します。
   (借)売買目的有価証券  A (貸)
 ・次に、端数利息C円を、追加で支払います。
   (借)売買目的有価証券  A (貸)現金など   A+C
      有価 証券 利息  C
         ↑
     * <収益のマイナス>
     * 上記のように、先に「有価証券利息」勘定(収益)を、
      借方に書いてマイナスしておきます。
 ・そして、後日、社債等の発行会社から、正規の利息(半年分など)を
  受けとります。たとえばこれをD円としましょう。
   (借)現     金   D (貸)有価証券利息   D
                        ↑
                    * <収益のプラス>
     * 結果として、「有価証券利息」勘定は、
      貸方に(D-C)円だけ、残ります。
【練習】::::::::::::::::::::::::::::::
 次の取引を、仕訳しなさい。
   社債(額面500万円)を、475万円で売買目的で購入した。
  なお、前利払い日は12月31日、売却日は3月14日である。
  利率は年3%である。2月を28日として、端数利息と売却代金を
  小切手振出しにより支払っている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::
【答え】単位:万円
 (借)売買目的有価証券 475 (貸)当 座 預 金 478
    有価 証券 利息   3
  ※ 端数利息3万円 = 額面500万円×3%×(73日/365日)
    73日 =(1月)31日 +(2月)28日 +(3月)14日
::::::::::::::::::::::::::::::::::

…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制CDセミナー」 → http://bokikaikei.net/01cd/5.html
… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ http://bokikaikei.net/04jirei/66.html

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック