学んだ知識を忘れる前に、すばやく復習してみよう!

今回のお話は、簿記以外の勉強や仕事で何かを覚えたときに、知識をすぐに忘れないようなテクニックをお話しします。

エビングハウスの忘却曲線というものがありますが、人間が何かを覚えると1時間後には44パーセント、24時間後には33パーセントしか覚えていないという実験結果があります。

ならば、24時間以内に1回確認するだけでも知識が100パーセント近くに戻って、定着しやすいと言われていますので、1時間後に10分程度でも良いので知識の要点を書き出すと効果があります。

これを私は「キーワード復習法」と言っていますが、学んだことのキーワードを10個や20個書き出して、それを見直して思い出すだけでも全然違います。

学んだことのキーワードを1時間以内に10分程度見直してみてください。
あなたの勉強の効率がアップするかもしれません。

私はいつもあなたの日商簿記検定2級の合格、そして簿記の学習を心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック