特殊仕訳帳制・特殊仕訳帳

実務では、主要簿(仕訳帳、総勘定元帳)の他に、現金出納帳、
当座預金出納帳、売上帳、受取手形記入帳、仕入帳、支払手形
記入帳などの補助簿を用いて帳簿記入を行なうことが多い。
日々の取引は主に補助簿に記載しておき1ヶ月ごとなど、一定期
間ごとにまとめて総勘定元帳に転記する方法を「特殊仕訳帳制」
といい用いる補助簿を「特殊仕訳帳」という。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら