任意積立金

会社の意思で、繰越利益余剰金から振り替え、設定できる純資産。
会社が、将来の資金のために残しておく利益を「任意積立金」という
資本の勘定項目を用いて仕訳を行ないます。
任意積立金には、配当平均積立金,事業拡張積立金,別途積立金
などの種類があります。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら