積送品

委託販売のために、受託者に商品を発送することを商品を積送
するという。
このとき、送った商品を「積送品」勘定という資産の勘定項目を
用いて仕訳を行ない、発送運賃や荷造費用などの付随費用は
積送品の原価に含めて処理を行ないます。
例)受託者に商品10,000円を積送しました。
  このとき運賃などが 500円掛かり現金で支払いました。
  積送品 10,500         仕入  10,000
                    現金     500

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら