未収収益

見越し勘定のひとつで、例えば、定期預金の利息を受け取る日付が決算月と重なっているとします。受け取る権利が発生しているので、それを見越して未収の利息として計上する必要があります。これを未収収益といいます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら