手形の裏書譲渡

手形取引する時は、期日がくれば現金が受け取れますが、その期間の会社としての資金繰りが成り立ちません。効率性を図るため、現金ではなく手形に自社の署名、捺印をするだけで支払い出来ることを「手形の裏書譲渡」といいます。A社から約束手形を受け取り、B社から物を仕入れた時、その支払いをA社からの受け取った手形の裏側に署名、捺印をして処理します。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら