支払手形記入帳

帳簿は「主要簿」(仕訳帳と総勘定元帳)と「補助簿」(取引や勘定の明細)の2種類があります。この補助簿には、補助記入帳と補助元帳に分けられ、支払い手形記入帳はこの補助記入帳に含まれます。手形の債務発生から、消滅まで手形の詳細を記入していきます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
商品に関するご質問・ご相談はこちら