支店間取引の仕訳方法1(支店分散計算法)

支店間取引の仕訳方法1(支店分散計算法)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               lesson.22
  ★ 5分で完結!中学生でもわかる簿記入門 ★(読者2549人)
                               2005.11.16
   関連HP  http://bokikaikei.net/         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ※ 図が見にくい方は、「等幅フォント」でご覧下さい。\_(・ω・)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<仕訳71> 支店間取引の仕訳方法1(支店分散計算法)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <仕訳70>を踏まえて、
 今回は、支店が2つ以上ある場合の学習をいたします。
★まず、第1の方法は、それぞれの支店で、相手の支店の名前を勘定科目と
 して記入する方法です。これを、【支店分散計算法】といいます。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ●取引: 埼玉支店から千葉支店へ、現金100万円を送金した。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
  埼玉支店(借)千 葉 支 店 100(貸)現     金 100
  本店      仕訳なし
  千葉支店(借)現     金 100(貸)埼 玉 支 店 100
【練習】:::::::::::::::::::::::::::::::
   青山支店は、原宿支店に現金50万円を送金した。
  支店分散計算制度により、青山支店と原宿支店の仕訳を書く。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
【答え】単位:万円
 青山支店(借)原 宿 支 店  50 (貸)現     金  50
 原宿支店(借)現     金  50 (貸)青 山 支 店  50
 本  店   仕訳なし
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制CDセミナー」 → http://bokikaikei.net/01cd/5.html
… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ http://bokikaikei.net/04jirei/66.html

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック