主婦が柴山式学習を毎日繰り返して見事1級合格!第156回日商簿記検定1級合格体験記(N様)

主婦が柴山式学習を毎日繰り返して見事1級合格!

2020年11月実施の第156回日商簿記検定1級に見事合格された
N様より、合格体験記をいただきましたのでご紹介します。





日商簿記検定1級合格体験記 N様/ 主婦

【合格回】2020年第156回
【点数】82点(商簿22点/会計19点/工簿21点/原計20点)
【勉強期間】12か月
【1日平均】①4平均時間くらい ②2~6時間

柴山式1級講座をどのようにして知りましたか?

YouTube動画で知りました。

簿記1級を取得しようと思ったきっかけ(またはニーズ)はなんでしたか?

息子が会計士の資格を取るといったので、調べてみたところ、興味を持ったので。

柴山式1級講座を受講しようと思った決め手となる理由はなんでしたか?

キャッシュバックを差し引いて計算した場合に、他と比べて格安だったから。
受講期間が次の試験まででなく、次の次までだったから。

柴山式1級講座を受講してみて、いかがでしたか?

『まずミニ例題』『わからなくてもやってみる』というやり方。
シンプルでコンパクトな例題、目標時間が設定されていることなどにより、ストレスが少なく、楽しんで取り組むことができたと思います。

受講を決めてから全経簿記上級まで3か月しかありませんでした。とにかく、試験日までに範囲を通りやって、過去問演習までやろうと思ったら1日に1回分は進めないといけないと思いました。とりあえず、同封されていたものに書いてあった通りに、まずミニ例題、次の日に復讐、1週間後に復習、とやりました。1日に1回分ずつ進めると、これだけで1日3回分のミニ例題をやらなければならないことになり、これ以上はきついと思っていたと思います。なので、3回目に間違いなくできたものはそれ以上やらないで、できなかったものだけをさらに1週間後にやることにして、1日のタスクを増やしたくない思いで集中してとり組んでいたような覚えがあります。

全経上級がおわり、一度完成させたものなので1回目でできたら終わり。出来なかったものは3週間後にやることにしていました。しかし、このときに3週間後では全く感覚が残っていないと感じたので、出来なかった問題は、次の日にもう一度やってみました。またできなかったら次の日と繰り返し、できたら2週間後。2週間後にきっちりできたら終了。できなかったらまた次の日、という形に落ち着きました。

税理士試験後から、過去問を毎日1科目ずつ取り組むようにしていました。過去問をやる中で、頻出ではないゆえ忘れてしまう論点や理解が十分でない論点に気づいたら、その部分のミニ例題をコピーして別に置いておき、毎月1回と、試験の前の週にやりました。
たとえ結果が出なくても諦めるよりやり切った方がかっこいいに違いないから、ただできることを進めよう、と考えていました。

日商簿記1級は大変難しいです。6月の段階で合格レベルには到達し、その上で税理士簿記論、財務諸表論も一通り学んで、税理士試験後、それなりの自信を持って毎日過去問に取り組みましたが、やるたびにできないことに気付く、知らないことに出会う、なんて広い範囲からの出題なのだろうと思いました。出題範囲を網羅的に学ぶのはほとんど無理だと思いました。

しかし、範囲をしぼって学ぶとなると、それなりの精度が求められることになります。精度をあげるために必要なのは、やはり繰り返しだと思うので、壁を感じている人には同じ論点の問題を少しずつでも毎日繰り返してみてほしいと思います。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック