s

簿記1級の過去問が解けずに悩んでいる方へ

今回の「頑張ろう日商簿記1級合格」ですが、簿記1級の過去問や総合問題を解いてみて、まったく歯が立たないと思って落ち込んでいる方などを対象に今回はお話をしてみたいと思います。

柴山式の簿記2級合格法でお勧めしているのは、まずは基本的なテキストと例題をしっかりとほぼ100パーセントできるようになることです。

簿記1級スピード合格法無料動画解説はこちら

この個別問題の練習をしっかりと実力を養成して、それから過去問に取り組みます。
総合問題を過去問を解いたりして例題を解くといことを行ったり来たりします。

そして本試験当日には過去問をほぼ全て完璧にできるようにします。
柴山式ならば例題を完璧にできるようにします。

例題をほぼ完璧にできるようにして、個別の処理能力を高めて、同時に過去問も過去10回分以上はほぼ完璧にできるという状況にしておけば、かなりの確率で合格が期待できますが、そのレベルが甘いのです。

そこまでいくためにはどうしたら良いのかということですが、誰もが最初は初心者なのでできないのです。

例題も最初はできませんが、5~8回ぐらい繰り返すとだいたい完璧にできるようになってきます。

例題は100個以上あるのですが、柴山式簿記1級の工業簿記・原価計算で例題が70個、商業簿記・会計学は例題と計算例を合わせて現在160ぐらいあります。

それぞれ個別の部品の精度を上げます。
それを2・3回やった状態で過去問にいきます。

不十分だけれども例題を一通りやった状態で過去問に進む方が多いと思いますが、そういう方はまだまだ例題も完璧ではありませんし、その状態でなおかつ総合問題は歯が立たちません。

「できないとは聞いていたけれど、ここまでできないとは思わなかった」と思う人が多いので、すごく落ち込みますが、落ち込まないでください。

最初からできるわけがありません。
できると思うこと自体がおこがましいと思っていいです。
できないほうが普通なのです。

総合問題の文章に慣れていないだけなので、慣れればできるようになります。
しかし、地道な訓練が必要です。
最初は過去問を解こうとしないでください。

これはある程度の経験者でも同じで、経験者でもやってみて30点や40点だったということはたくさんあります。

もっと言うと、前回の試験が60点以上の方でも、相性の悪い過去問ならば30点ぐらいになってしまうこともあります。
だから、相性もあるのです。

その上下のムラ(できる・できないの差)を無くすために、過去10回分以上の色々な出題パターンに慣れておくということが大事なのです。

私がお勧めしているのは10回~14回分ぐらいの過去問を7・8回転ぐらいしたほうがいいのです。
最低でも5回転はしたほうが良いです。

以前私がインタビューした偏差値30台から簿記1級に合格した大野さんという税理士の方は25回転しています。

みなさんよりもほとんど学力的には低い大野さんが簿記1級に合格しているのだから、みなさんが受からないわけはないです。

とにかく最初はできなくても良いので繰り返すことが大事です。
解くのが無理であれば、最初の2回転ぐらいは問題文を読んで答えを写しても構いません。

柴山式の簿記1級の受講生の方は、私や担当スタッフが簿記1級の下書きのメモ用紙を書いて、その通りに音声でガイダンスしていますので、その音声の通りに問題を解くという手順を真似てください。

最初は問題を解かなくて良いです。
ある程度受験経験のある方でも、苦手な過去問をもう1回解こうとしなくても良いです。

解くと時間がもったいないので、できないときには解かずに問題文を3回4回5回と読んで、この問題文がどうしてこの解答に結びつくのかということを解答を見て確認します。

最初から答えを見て構いませんので、読んで、答えを書き写すということをやってみてください。
そうすればストレスになりません。

「こういうふうにやれば良いのか」ということが分かったら4回転目から本気で解いてみてください。

それでも最初は30点や40点の可能性があります。
苦手な問題は5回6回7回と解いているうちにできるようになります。

とにかく過去問はほぼ100パーセントできるようになっていただきたいです。
ですから、過去10回分以上の過去問を時間内に9割以上で、できればいくつかは満点を取っていただきたいです。

同じ問題が出たらほぼ満点を取れる状態で本試験に臨むのがあるべき準備です。
あとは大手専門学校やネットスクールの予想問題や公開模試を2つぐらい選んで受けてみて、最近のトレンドを把握しながら過去問と例題を中心に学習してください。

とにかく過去問は最初はできなくても良いので、読んで答えを写してください。
それを3回ぐらい繰り返してイメージが湧いたら解きますが、点数は気にしないでください。

最初はできなくても当たり前だという気持ちを改めてここで強調しておきたいと思います。
ぜひ頑張ってください。
必ず合格できるチャンスは来ます。

私はいつもあなたの簿記1級合格を心から応援しております。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック