合格(成功)している自分をイメージしながら、トレーニングしてみよう!

今回の「頑張ろう日商簿記1級合格」ですが、自分が資格試験の勉強などのチャレンジをしているときに比較的努力が続きやすいイメージトレーニングのコツをお話します。
 
これは私が公認会計士試験を受験したときにもやっていたのですが、目指している資格試験のレベルが高ければ高いほど、普段の地道な努力ということで、量や質やモチベーションがそれなりに必要になります。

思いどおりにいかないことが結構あります。
「今は少し精神的にきついな」というときに何をやるかというと、少し勉強から離れて自分が公認会計士試験に受かったときのことをイメージします。
 
「受かったら自分はスーツをパリッと着て毎日上場企業に行って、会議室に通されて決算書を見ながら専門的なアドバイスをしている」というようなイメージをします。
 
自分が専門知識を身に付けてバリバリ活躍している所をイメージすると「よし!頑張るぞ!こんなところでくすぶっているわけにはいかない」と思えるわけです。
 
日商簿記検定1級に合格したら、中堅企業でも上場企業でも経理の知識としてはかなり高いレベルを持っていると思ってもらえます。
 
簿記1級に合格した後の自分は簿記1級合格という資格をひっさげて、中堅企業ならかなりの規模でも経理の中でそれなりの地位で仕事ができます。
もちろん色々な要素はありますが、かなり有利です。
 
簿記2級をもっていること自体もすごく良いことなのですが、簿記1級を持っているとさらに上の管理者レベルの期待をされることもあります。
 
自分が簿記1級の資格を持ってバリバリと会社の中で活躍している、専門知識を使って上場企業レベルの決算を読んでいる自分をイメージして、「あんな自分になりたい」と合格した後のイメージをします。
 
合格後のイメージを強く持って日々頑張ってください。
そうすると成功しやすいです。
 
私はいつもあなたの簿記検定1級合格、そして成功・スキルアップを心から応援しています。
ここまでご覧頂きまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック