日商簿記検定1級合格するためのリース会計

日商簿記検定1級に出題されるリース会計の問題は、そのほとんどがファイナンス・リース取引です。

1級受験生のみなさんが、普段の解いている問題もファイナンス・リース取引が多いと思います。

ここで一つだけ注意していただきたいことがあります。

それは、問題文に「ファイナンス・リース取引」と書かれていない限りは、必ずファイナンス・リース取引に該当するかどうかの判定を行うことです。

問題文に「リース取引」としか書かれていないにもかかわらず、いつもの癖でファイナンス・リース取引の処理を行ってしまいがちです。

しかし、この場合、オペレーティング・リース取引の可能性もあるわけです。

オペレーティング・リース取引であるならば、ファイナンス・リース取引のような資産・負債の計上も減価償却費の計算もありません。

この点を強く意識して問題にあたるようにしましょう。

なお、ファイナンス・リース取引に該当するかどうかの判定基準はよろしいでしょうか。

きちんと押さえられていますか。再度、復習してみましょう。

1. 現在価値基準
   リース料総額の現在価値≧見積現金購入価額のおおむね90%

2. 経済的耐用年数基準
   解約不能のリース期間≧経済的耐用年数のおおむね75%

上記1.または2.のいずれかに該当した場合は、ファイナンス・リース取引と判定されます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック