5分の昼寝で、気分すっきり!(簿記3級ほか)

今回は簿記の勉強に限らず、他の資格試験の勉強や仕事などで、眠くなってパフォーマンスが落ちていると感じた場合に使える、即効性のあるお話です。

 

パフォーマンスが落ちているときには、休憩を取って5分ぐらい昼寝をしてみることをおすすめします。

以前私が専門学校で講義を担当していた頃は、長時間授業をこなしていたこともありましたが、後半になってくるとみなさんの集中力が落ちてくるのです。

そういうときには5分ぐらいの昼寝をおすすめしています。

 

背もたれがある椅子であれば、背もたれや壁にもたれるなどして、首を休めるのがポイントです。

 

頭を支えている首は結構疲れるので、首を休めるようにします。

あるいは、机に伏せて5分ぐらい寝ます。

 

当時は30人から40人ぐらいの生徒がいることもありましたが、「もし良かったら寝てください」と言うと、半分ぐらいの人が寝ていました。

 

5分ぐらいの睡眠は脳の疲労が回復しますし、リラックス効果もあるので、集中力が高まります。

 

あまり長く寝過ぎてしまうと、夜の睡眠に影響が出たり、逆にパフォーマンスが落ちるという意見もあるかもしれませんが、私の現場での経験からいうと、5分10分の睡眠は有効だと思います。

 

睡眠を取ることによって、その前に得た情報などが整理されて、記憶が定着するようなきっかけができます。

 

ずっと調子が悪いままダラダラ起きているぐらいならば、頭を切り替えて軽く寝てみてください。

リラックスした状態が一番集中力を発揮できます。

 

私はいつもあなたの成功とスキルアップを心から応援しています。

ここまでご覧いただきまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック