シャープ、鴻海精密工業が買収か?

台湾の鴻海(ほんはい)精密工業が7000億円と、産業革新機構を上回る支援策を提案し、シャープ側が、この案に傾いているとの報道が、この日の日経1面でなされました。

新聞報道を見ると、これまでは産業革新機構による3000億円の出資と2000億円の融資枠設定で、再建案を採択する予定でした。

しかし、鴻海が出したアイディアは、さらにシャープにとっては魅力的に映るものだったようです。

鴻海は、7000億円の支援に加え、液晶パネルなどシャープの主力事業を一体運営することや、従業員の雇用を維持することを提案しています。

日経の新聞報道について、2月5日午前9時の時点では、ホームページにおけるシャープ側の発表はないようです。

ところで、革新機構案と鴻海案を比較すると、支援額の規模のほかに、たとえば、次のような違いが見られます。


<経営陣の処遇>

・革新機構案では社長ら3首脳退任
・鴻海案では現経営陣を維持

<リストラに関して>

・革新機構案では成長性の乏しい事業の資産売却を行う
・鴻海案では従業員を維持

経営陣にとっては、この文面を見る限りでは、鴻海案の方が魅力的に映るかもしれません。

いっぽう、鴻海の立場では、これまでスマホなどの受注で急成長してきましたが、今後は新しい成長分野の開拓も必要とされています。

以前、2012年3月にいちど資本・業務提携を発表していますが、そのときは、いったん実現しなかったことがありますね。
鴻海がシャープの株式を過半数取得することになれば、親子関係となり、シャープは鴻海の連結子会社として、グループ決算に取り込まれます。

シャープの2016年3月期の予想売上高は2兆7000億円ですから、鴻海の連結売上高約16兆円(日経3面より。2015年12月期)の規模と合わせ、単純合算ベースで想像すると、連結売上高が、18兆円くらいになるでしょうか。

このニュースの後、(2月5日午前9時過ぎ)に、ヤフー!ファイナンスで、シャープの株価を確認したところ、「対抗馬」と目されてきた鴻海の買収可能性が高まったことで、シャープは売り先行で相場が始まったようです。

前日比6円マイナスの154円になっていました。

この後、シャープの株価がどう動くか、注目していきたいですね。


(日経16*2*5*1)

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック