2014年5月 公認会計士短答式・モニター生のご案内です。【がんばろう1級256】


みなさん、こんにちは。
がんばろう日商簿記1級合格、今回は「柴山式短答合格の研究モニター生募集」というご案内です。

「2014年5月25日、公認会計士短答対策、柴山式合格カリキュラム研究企画 モニター生募集」というものを2月12日にサイトへアップロードしました。
サイトをご覧いただければわかりますが、「日商簿記1級終了レベル(60点前後)から、短答式合格レベルまでの独学用学習カリキュラム案を、真剣に、3か月後の合格を目指す方に、試験的に体験してもらい、柴山式の教材研究の資料とする。みんなで合格を目指しましょう。週に1回など、定期的に学習状況をメールでモニター生から報告してもらい、柴山がそれを見てアドバイスなどをします。そして、そのときそのときの進捗の管理をいたします」

これは、柴山式簿記1級講座でいうと、メールコーチングに相当するものです。
「また、必要に応じて、柴山、または担当スタッフとの電話による学習相談・質問などを受けることができます」
そして、現在短答式を目指している方数名が月に1回集まって、高田馬場のセミナールームで、スクーリングのような形で現状の報告をしあって、モチベーションを高めてもらうような機会を設けて、希望者に参加していただくという形で、みんなで頑張りましょうという形になります。

対象者は、日商簿記検定1級の必要範囲を一通り学習した経験があると考えられる方です。
具体的には、第135回の簿記1級合格者は文句なしです。
あるいは、第135回の簿記1級に合格できなくても、55点から69点ぐらいの得点だった方も対象になります。

さらに、第134回・132回までの、過去3回以内の合格者、または135回試験で50点半ば以降の得点をされた方が主な対象です。
あるいは、短答式の受験経験者で、簿記1級レベルの勉強はしているということがわかれば、私のほうから連絡を差し上げて、確認ができたら対象となります。
その他にも、これらと同等の簿記・原価計算の知識があると考えられる場合も検討いたします。

募集人員は7名程度を想定していますが、今後、事情によって変わる可能性はあります。
現在3名の方が一緒に勉強をしています。
メールで応募していただいた後、私どもの事務局で選考をさせていただきます。
お互いに切磋琢磨していくので、周囲の方にマイナスの影響を及ぼしてはいけないので、最低限の選考はさせていただきます。

応募すれば100パーセント参加できるとは限らないのですが、ある程度熱意があって、常識のある方であれば問題ないと思います。
応募人数が多いとか、私のスケジュールの関係で大人数を相手にできない場合は人数を絞ったり、状況に応じて対応していきますのでご了承ください。
費用についてですが、今回は市販の問題集・参考書を使った独学と柴山式のプランニングで合格してもらいます。

このプランニングには大きなノウハウがあります。
ある程度のレベルの教材であればどれを使っても受かるだろうというカリキュラムを想定しています。
なので、教材は柴山の目で選んだものを使っていただきますが、指定した教材は「極秘」ですので、他言はしないようにお願いします。
こちらで指定した問題集と参考書は、受講者ご自身で購入していただきます。
価格は4万円台です。

しかし、合格すれば、合格祝い金として6万円のキャッシュバックがありますので、元を取ることは十分可能です。
まずは4万円を「先行投資」してください。
この投資ができない方には今回はご参加いただけません。
自己投資ができない方は受かりません。

ただし、合格した場合は、投資以上のリターンがあります。
今回の指導計画やカリキュラムは完全に柴山のノウハウなので、他言無用です。
SNSにも書いてはいけません。
万が一情報が漏れた場合でも、人数が限られているので追跡可能です。
そのような場合は、私から受講者全員に対して個別に確認をします。
また、法的な措置も講じる場合があります。
自分のためだけに使ってください。
この内容を自分の商売に使うことはしないでください。
指導計画やカリキュラム内容の転用は一切禁止です。
守秘義務もありますので、勉強内容をブログやツイッターでも書いてはいけません。
それらの誓約書を提出していただきます。
あくまでご自身の合格のためだけに使ってください。

合格祝い金についてですが、今回の柴山式モニター生で、私のカリキュラムに基づいて合格された方は、合格体験記の執筆とインタビューに答えていただくことが前提で6万円の祝い金を進呈します。
初期投資は4万5千円くらいなので、1万円以上はプラスになります。
指導期間は3月1日から5月24日で、学習時間は500時間から600時間を予定しています。

詳しくはサイトにアップしていますので、よければご覧ください。
1日平均5時間から7時間のペースで約3か月勉強することになりますので、集中して頑張れる方はご検討ください。
応募期間は2月20日までで、メールで応募してください。
送信後1日経っても返信が来なかった場合は、届いていない可能性があるのでご注意ください。
あるいは、迷惑メールに振り分けられている場合もあります。
特にドコモの携帯の場合だと自動的に弾かれる可能性があるので、そのような場合はお電話で問い合わせていただいたり、設定を変更してメールを送っていただくという形になります。

電話での事前ガイダンスもいたしますので、その上で、しっかり頑張ってください。
通常は10万円程度をいただくような内容ですが、今回は授業料はいただきません。
負担していただくのは市販の問題集・参考書の購入代金のみです。
それも合格すればプラスになって返ってきます。
さらに注意事項としては、公認会計士試験の応募期間は2月21日までなので、試験の申し込みを忘れないでください。

試験の申し込みをされていない場合は今回の講座には参加することができません。
今回は、簿記1級学習経験者向けの短答式短期合格プランの研究生募集のご案内をしました。
合格・不合格にかかわらず、努力のプロセスは必ずあなたにメリットをもたらしますから、条件に当てはまる方はぜひ検討してみてください。

みなさまのご応募をお待ちしております。
ここまでご視聴いただきまして誠にありがとうございました。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック