第135回 日商簿記1級 商業簿記 割賦販売 2つのスキル

第135回の商業簿記について、苦戦した人も多いと思います。
そんななか、割賦販売に関する論点をいかに拾えたかが
ひとつの合否を分ける大きなポイントになってのではないかと
思います。
そこで、今回は「鉄板の割賦販売処理スキル」を2つ、
動画でご説明させていただきました。
柴山式1級講座では、特に強調して教えているノウハウの
一つです。
日商簿記1級の割賦販売は、基本の型として、
「未実現利益繰延法」かつ「回収基準」の処理を
完璧にマスターすることがとても有効です。
そこから、つぎに「前期の戻り商品」、「当期の戻り商品」
にうつり、さらに「回収期限到来基準」までフォローできれば、
たいていの出題パターンには自信を持って対応できるのでは
ないでしょうか。
そして、余裕が出たら、「対照勘定法」や「前期以前の割賦売掛金がある場合」
など、ご自身の持ち時間に合わせてより細かいところをやればいいかな、
と思います。
(ちなみに、会計士・税理士を目指す方は、すくなくとも対照勘定は学習した方が
いいかと思います。)
ともあれ、柴山式1級を学んでいる方にとっては、恰好の
復習教材になると思います。
また、柴山式1級を学んでいない方にも、
一般的なツールとしてご参考になるように
下書メモをPDFで入手できるように致しました。
是非、ご活用ください。
135shobo-5.jpg
柴山の下書メモのダウンロードは、次のURLをクリックして入手できます。
http://bokikaikei.info/135shobo-5.pdf
がんばってくださいね!
柴山政行

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック