135回 1級商業簿記と例題「セール・アンド・リースバック」

第135回 日商簿記1級検定の商業簿記について、
資料Ⅱ3.(1)セール・アンド・リースバック取引について、
柴山式の1級商会テキストと例題の知識で
解答に至るプロセスを示してみました。

ポイントは、次の3点です。

1.固定資産の売却益を「長期前受収益」とする。
2.減価償却費の割合に応じて長期前受収益を配分する。
3.配分された長期前受収益は減価償却費から減額する。

あとは、柴山式テキストの場合ならば
75ページの解説よりキーワードを抜き出してチェックし、
さらに80ページ、81ページの例題27を2~4回程度
繰り返して解いて、計算力を養えばOKなんですね。

実際の本試験では、
例題「定額法」を「定率法」の適用に置きかえ、
さらに長期前受収益の金額を22,000から1,600に変えれば
正解に到達できますよ!

基本はテキストのポイント+例題の定着!
で7割以上をゲットするのに必要な知識・技術は
十分だということを、この機会にしっかりと意識
しておきましょう!

何事も、足元を固めて、「基礎をしっかり定着させる」
ことが肝心なのですね。
(柴山)
【参考】
2013-11-21 7-36-26.gif
2013-11-21 7-46-00.gif
2013-11-21 7-48-30.gif
135shobo-4.jpg

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック