等級別総合原価計算・等価係数・積数

「等級別総合原価計算」は、同一工程で同種製品を連続生産
するが、重さ、大きさなどが異なる生産を行なう場合に用いられ
る原価計算の方法です。
製品の重さや大きさなどを基準として、特定の等級製品に換算
する際に用いられる基準を「等価係数」、等価係数に数量を掛け
たものを「積数」といい、この積数を用いて、完成品原価の総額
を各等級製品に按分計算します。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック