基準操業度

製造間接費や部門予算の配賦計算などで用いる配賦率計算の基準水準が「基準操業度」
です。
例えば、1年間の機械の稼働時間や見積もった直接作業時間が基準操業度です。
1年間の直接作業時間を1,000時間と見積もると、このときの基準操業度は1,000時間となり
ます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック