棚卸減耗費が生じた場合の仕訳

「棚卸減耗費」は、特定の製品のために消費された原価ではない
ため、製造間接費として扱います。
例)1kg100円の材料が帳簿上10kg残っていることになっているが
  実際は8kgしか残っていなかった。
  無くなった材料を棚卸減耗費として処理した際の仕訳
  製造間接費  200     材料    200
 

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック