本店・支店

本支店間取引は、本店では「支店」勘定、支店では「本店」勘定を用いて
仕訳を行ないます。「本店」勘定や「支店」勘定は、本支店間取引の際に
だけ使用します。
この2つの勘定科目は、資産、負債、資本、収益、費用のいずれにも
該当しません。
例)本店から支店へ現金50,000円を送付した。
  本店では現金50,000円が減るので、貸方現金50,000円、そして借方は
  支店とやりとりがあったことを表すために、借方支店50,000円の処理を
  行ないます。
  支店   50,000   現金   50,000
  支店では現金50,000円を受取ったので、借方現金50,000円、
  貸方は本店とやりとりがあったことを表すために、貸方本店50,000円の
  処理を行ないます。
  現金   50,000   本店   50,000

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック