本支店会計・本支店内取引

営業活動が拡大すると支店を設けることがありますが、支店が多くなると
本店が一括的に各支店の帳簿管理を行なうことは困難になります。その
対応策として各支店に会計帳簿を用意して、各支店が日々の取引に関し
記録することを「本支店会計」といいます。
例えば、本店から支店に送金する場合、1つの取引を本店、支店の両方
で記録します。これを「本支店内取引」といいます。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック