繰延資産

将来効果が表れるとされる特定の支出項目。
支払い時に全額費用とするのではなく、いったん資産として
処理を行い、効果の及ぶ将来にわたって費用とする。
「繰延資産」として扱われる特定項目としては
・創立費    ・開業費      ・新株発行費   
・社債発行費 ・社債発行差金  ・開発費    ・建設利息
がある。

柴山式簿記講座受講生 合格者インタビュー
foot1 footb1 footb2 footb3
「簿記検定対策無料メール講座」
  • 3級対策 無料講座
  • 2級対策 無料講座
  • 1級対策 無料講座
商品に関するご質問・ご相談はこちら
  • 簿記1級はこちら
  • 簿記2級はこちら
  • 簿記3級はこちら
  • 簿記4級はこちら
  • 合格キャッシュバック